第23回「ガリ版シルクスクリーンで子供の絵をTシャツやトートバッグに」参加のお願い

2014年に一度行なったガリ版印刷が大変好評でしたので、今回も同様のイベントを行いたいと思います。

今回は参加してくれた家族につき1つ、お弁当がちょうど入るぐらい肩からかけられるぐらいのトートバッグをプレゼントします。

cover

ガリ版プリントとは特殊なシートにボールペンで絵を描き、
シルクスクリーンを用いて紙や布に転写できるプリント方法のことです。

前回は自分で持ってきたTシャツなどに刷ると同時にパパ会の旗にも刷って1つの作品にしました。いまでは

IMG_8087

日時:2016年10月23日(日)11時〜14時
場所:大豆戸地域ケアプラザ
持ち物:刷りたいハンカチ、Tシャツ、バッグなど・お弁当袋などなんでもOKです。
服装:よごれてもよい服(インクがつくと落ちないので気をつけてください)
参加費(材料費):1000円/1家族(シートは子供一人につき1シートお渡しします)
参加方法:下記のURLにアクセスの上コメントを残してください。
https://papakai.dyo.jp/ja/events/papakai23

うちの奥さんはコウイウコトが得意なので今回も講師として参加します。

シートについて

シートははがきぐらいのサイズです。
1つのシートで何枚でも刷れますが、時間がたつと再利用できませんのでその場で一気に刷る必要があります。
いくつもの図柄を刷りたい人は+100円でシートを用意します。その場合あらかじめコメントしてください。

下書きについて

あらかじめ下書きを用意してくださってもいいですし、その場で描いてもかまいません。
描く時間は(30分くらい)設けます。これまでお子さんが書いた傑作をお持ちいだいてもかまいません。
また絵が苦手だというひとは下に写真をおいてなぞるのもよいです。

色について

色は■赤■青■緑・■黒の4色からお選びいただけます。
お持ちいただく下地(生地)の色は薄めの色がよいです。黒っぽい色はほとんど見えなくなる可能性があります。
※人気の色はなくなってしまう可能性があります。何色を使いたいかコメント(1週間前まで)いただけた方を優先的にしたいと思います。
1つのシートにつき1つの色しか刷れません。

下地について

下地はTシャツ・ハンカチ・紙・バッグ(布製)など様々なものに刷ることができますが下記のモノは向きません。

  • タオル生地などの表面がデコボコしたもの
  • アイロンの温度(中)で溶けてしまうような素材
  • ストレッチ素材

会場のご案内

菊名駅から徒歩10分、大倉山駅から徒歩12分、新横浜駅から徒歩18分くらいかかるとおもいます。
バスは「新菊名橋」というバス停が最寄りになります。
駐車場はありませんが自転車置き場はあります。

施設について

会場は2階です。作業場の他、水回りのためのキッチンをご用意頂けました。

事前に分からない事があったら?

お問い合わせください。

テストで行った時の画像

ガリ版プリントキット

ガリ版プリントキット

下書きを透かしてシートをなぞります。

下書きの上に青いシートを透かせますIMG_2110IMG_2103

ローラーに特殊なインクをつけて刷ります。

ローラーに特殊なインクをつけて刷ります。

IMG_2107

IMG_2111

出来上がりはこんな感じ

2年前にうちの子が試してみました。

やり方についてはこちらの動画で予習できます。

※キットが違うのでちょっと違う部分もあります。

 

参加の方は
下記のURLにアクセスの上コメントを残してください。
https://papakai.dyo.jp/ja/events/papakai23

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です