第28回横浜パパ会:段ボールで作るウォータースライダー&横浜ビールとバーベキューとスイカ割りとかき氷 議事録

第28回横浜パパ会:段ボールで作るウォータースライダー&横浜ビールとバーベキューとスイカ割りが無事に終わりました。

議事録が遅くなってスミマセン!

横浜パパ会は毎回天気に恵まれますが、今回も天気にも恵まれました。前日までの準備では猛暑で大変でしたが、当日はほどよく曇って暑すぎず快適に過ごすことが出来ました。

今年で3回目となるこのイベントは「横浜環境保全株式会社」さま、「株式会社横浜ビール」さまのご協力をいただいて今年も大成功となりました。資金面、場所、人すべての面でご協力いただいています。ありがとうございました!

去年に引き続き、「神奈川工業高校デザイン科」の学生には滑る船を作っていただきました。ピンクのペンギン、青のペンギン、それからラッコです。子供たちに大人気でした。また、去年同様に作っていただき卒業された元高校生たちも駆けつけて、設営から子供たちのお世話、写真撮影まで協力してくれました。ありがとうございました!

ウォータースライダー部分は上に貼るビニール以外はすべてゴミで出来ています。スライダーの精度を上げるために今年は木材を使いましたが、こちらも廃棄されるはずの木材を「東横市売木材株式会社 」さまに提供いただきました。突然のお電話にもかかわらず快くお引き受けいただきありがとうございました!

大人たちはおいしい横浜ビールとバーベキューを堪能し、子供たちは途絶えること無くウォータースライダーを楽しんでいました。大きなプールが今年は設置されましたが、偶然ゴミとして手に入ったそうです。

前日までの設営や買い出しなど、大変な作業を横浜環境保全のスタッフの方々がやってくれました。作るものも大きいですし、買い出しの量もすごいので、これらの作業はとても大変な肉体労働です。感謝しています。

当日は数人のお父さんたちが前日の突然の呼び出しにもかかわらず、朝早くから最後の設営を手伝ってくれました。アイデアを出し合いながらの連携は、横浜パパ会の回数を重ねてきた結果といえます。手伝ってくれてとても嬉しかったです。

「ゴミだけでつくる」「地域で協力してつくる」「つくって遊ぶ」という事が、小さな子供たちにどれだけ伝わるかはわかりません。少し大きくなった時に思い出すことがあれば、なにかメッセージが届くかもしれません。今後も続けていきたいイベントです。

しかしながらイベントが大がかりなため、いろいろな面で負担が大きいのも事実です。参加していただくだけでもありがたいです。コンセプトに共感いただけるのであれば参加企業と個人の双方に引き続き、そしてよりいっそうのご協力をお願いします!

■次回のパパ会について

8月に毎年恒例の花火を予定していましたが、いろいろとありまして間に合いそうにありません。大変申し訳ないです!9月3日(日)に番外編、手持ち&ナイアガラ花火+スイカ割り(あれば)を開催いたしますので、ぜひ参加をお願いいたします。

イベント詳細と参加のお願い記事は追って書きます!よろしくお願いします:)

▼ギャラリーはこちら (メンバー用:このサイトに登録してくださっている方はこちらから)
https://papakai.dyo.jp/gallery_members
(非メンバー用)
https://papakai.dyo.jp/gallery/

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です